シニアの話題

太川陽介62歳のルイルイ告白「そりゃモテましたよ、ハッハッハツ」

コロナ禍のなか昭和歌謡が中高年の癒やしになっている。J:テレで好評放送中の「太川陽介のスナック歌謡界~昭和スターが集う店~」では、マスターにふんした俳優の太川陽介と、ゲストがお酒を片手に思い出話に花を咲かせる。

昭和歌謡の黄金時代を駆け抜けた太川(東スポWeb)

昭和歌謡の黄金期を支えた太川だからこそ聞けるスターの秘話が人気だ。いつもは聞き役の太川に、今回はデビュー秘話から視聴率男と呼ばれる自身の仕事哲学まで語ってもらった。

–今日は太川さんのお話を聞かせてください

太川 すごい苦手ですよね。

–デビューのきっかけは

太川 大ファンだった桜田淳子さんの相手役募集を見て高校生の時に応募したんだけど、締め切りに間に合わなくて。そしたら後に淳子ちゃんがいたサンミュージックからオーディションの通知がきて、それで受けようと。

太川 終わって帰ろうとしたら社長室に連れて行かれて相澤社長以下重役がみんなで説得ですよ。

–1977年に「Lui-Lui(ルイ-ルイ)」がヒット

太川 デビューの1週間前に赤羽のダイエーでサイン会やったけど、レコードが8枚しか売れなかった。始まる30分前に警察からストップがかかって人が集まり過ぎて危険だからって。

–「レッツゴーヤング」で人気を不動に

太川 始まった当初は僕の声援がすごかった。狩人が抜けたら川﨑麻世が人気出てきて、渋谷哲平が入ってきて、人気が落ちていく瞬間を感じたときの恐怖で寝られない日が何日も続きました。

–その後、俳優に転身

太川 アイドル歌手より俳優の肩書が欲しかった。

–転機は

太川 家に引きこもってたんだけど「このまま終わるわけない」って自分に言い聞かせて外に出て人に会うようにした。そしたらミュージカルの大地真央さんの相手役の話がきた。
そのプロデューサーがなんで僕にしたかというと、レッツゴーヤングを見ててこの子いいなってずっと思ってたと。

–太川流哲学は

太川 すべてがプラスになるんです、仕事は。

–今では太川が出演すると視聴率が跳ね上がるとまで言われている

太川 それプレッシャーでしかないよ。

–相澤会長の目に間違いはなかった

太川 いやいや。(番組ゲストの)梅沢富美男さんは200年に1人だからね。負けたと思ったもん(笑い)。

出典元:https://news.yahoo.co.jp/articles/dedd8dc2033dd7f6e10c4fd2d09cd07a0a843dca

注目ニュース