シニアの話題

高齢者等リスク高い人を対象とする国多く…「3回目接種」先行する海外の事例

FNNプライムオンラインより

欧米では2回目接種から7~8カ月後に3回目の接種 新型コロナワクチンの「3回目接種」は、海外では既に始まっている国もある。

接種の対象は、イスラエルは12歳以上のすべての人、フランス・ドイツ・イギリスは高齢者や基礎疾患がある人など、リスクの高い人を対象としている。

イスラエルでは、3回目を接種するまでの間隔は2回目接種から約7カ月後で、8月から3回目をスタートした。フランス・ドイツは約8カ月、イギリス・アメリカは8カ月以上となっている。

日本では、ワクチン担当の河野大臣が9月21日の会見で、まず「高齢者に年明けから3回目接種を始める」という方針を示している。

愛知県がんセンター病院の伊藤直哉医師は、「海外の動向を見て対策を立てられる。実際に日本での接種が始まる頃には、先行している国でのデータも揃ってくるのではないか」と話している。

出典元:https://news.yahoo.co.jp/articles/05d0e17e0d9d3a3a5cabcce173492847c66e8d41/images/000

注目ニュース