シニアの話題

介護予防総合展に高齢者向けの【eスポーツ・健康ゲーム ゾーン】を新設!

介護業界の日本最大級のBtoB商談展「東京ケアウィーク’22 第5回 介護予防総合展」内に 【eスポーツ・健康ゲーム ゾーン】が新設される。

介護業界向けの商談型展示会事業とM&A仲介事業を展開するブティックス株式会社は、2022年3月9日(水)~11日(金)、東京ビッグサイトで開催する「東京ケアウィーク’22 第5回 介護予防総合展」内に【eスポーツ・健康ゲームゾーン】を新設すると発表した。

65歳以上の高齢者人口が3,650万人(全人口の3割近く)に上る日本では、かねてより「人生100年時代」をいかに健康に楽しく生きるかが重要な課題となっている。

「東京ケアウィーク」は、介護・医療・健康から先端技術・まちづくりまで高齢社会を取り巻く全てを網羅し、「人生100年時代」の課題解決をサポートする商談展として毎年開催しているが、特に近年注目されている「介護予防」という観点から、eスポーツに着目。

eスポーツは、従来若年層を中心に楽しまれて来たが、高齢者の間でも介護予防や健康維持・認知症予防にもつながるとして、シニアにも裾野が広がってきており、流行の兆しが見えている。実際に、eスポーツ・健康ゲームは、介護施設や自治体の健康教室などへの導入が行われており、入居者や地域住民から喜びの声があがっているという。

東京ケアウィークでは、こうした盛り上がりを受け、高齢者層へのeスポーツ・健康ゲームの更なる促進を図り、介護施設・自治体等の介護予防への取り組みをサポートすべく、今回特別ゾーンを立ち上げることになった。

出典:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000032.000017704.html

注目ニュース