シニアの話題

長年“ご無沙汰”だった夫婦も再燃!実例に学ぶ、 超「レス」からの脱出

子育てや日々の生活に追われて、何年も“ご無沙汰”になっている中高年夫婦はとても多く、その割合は、なんと70%にも上る。 「レスの主な原因として考えられるのは、セックスに対する男女の考え方の違いと、コミュニケーション不足です」 そう話すのは、セクシャルインフルエンサーの牛山幸さん。YouTubeで“女性の性”に関する情報を発信しながら、2000人以上の性の悩みに寄り添ってきた。SNSを介して牛山さんに送られてくる相談のうち、約5割は長期間のレスやレスの前兆にまつわる悩みだ。

レスの期間が長いほどセックスの再開はハードルが上がるので、できるだけ早めの対処が大事。なにより、牛山さんは「レスを解消するメリットは多い」と話す。

「夫婦生活が楽しくなるのはもちろん、ラブ・ライフが充実している女性はとても若々しくて魅力的。セックスをするとアンチエイジングにつながるホルモンや、髪にツヤが出るホルモンが増加するといわれています。以前、充実した性生活を送っている60代の女性にお会いしたんですが、女性として見られている意識があるので、とても可愛らしくて素敵でした。同じ年代でも確実に差が出ますね」

逆にいうと、レスは女性の見た目や振る舞いを老け込ませてしまうということ。それは聞きづてならない!牛山さんのアドバイスでレスを解消した3組の夫婦の実例を紹介するので、再開のヒントにしてほしい。

CASE1 身体の悩みは正直に伝える

中高年夫婦のレスには、加齢によって訪れる“身体の悩み”がつきもの。40代に入ってから膣が濡れにくくなり、夫とのセックスがツラくなっていた町田加奈子さん(仮名・46歳)は、不安を感じて病院を受診。

「お医者さんからは、加齢で性欲が弱まったり、ホルモンが減少したりして膣が潤いにくくなるのは正常な変化なので大丈夫、と言われました。病気の心配はなくなったけど、次は夫にどう伝えればいいのかわからなくって……」

そんな加奈子さんの悩みを聞いてレスの前兆を察知した牛山さんは「自分の身体の変化を旦那さんに伝えてみて」とアドバイス。「言われたとおりに“今はホルモンが変化して濡れにくく、挿入が痛いときがある”と夫に話しました。すると彼は“今まで全然気づかなくてごめん”と謝ってくれたんです。それ以来、セックス中も“痛くない?”と気遣ってくれるので、かなり気持ちがラクになって。もし何も言わずに拒んでいたら、溝が深まっていたかも」

ちなみに、濡れにくくて挿入が難しいときは、潤滑ゼリーを活用するなど工夫するとストレスも軽くなるそう。恥ずかしがらず、ふたりでベストな方法を探ってみよう!

CASE2 妻からのレス解消の提案が吉

戸田春香さん(仮名・48歳)夫婦は、子育て中の忙しい時期もセックスを欠かさなかったオシドリ夫婦。「でも、40代になってから夫の“勃ち”が悪くなったうえに、私も濡れにくくなってしまい、挿入が難しくなって。何回かそんなことがあって以来、セックスの話題を避けるようになって、気づけば5年間、完全なレスに!」

それでも春香さんは「夫ともう一度セックスを楽しみたい」と牛山さんに相談。牛山さんは「夫婦仲のよさを生かして、直球で本音を伝えてみて」と背中を押してくれた。

「勇気を出して“身体の悩みはあるけど、セックスを再開したい”と夫に伝えると、彼も同じ気持ちだった、と。幸い今は、いろいろなセックスアイテムがあるので私たちに合ったものが選べます。彼はED薬を飲んで勃ちやすくして、セックス中はゼリーやローションで挿入しやすくしたりして、今は夜の夫婦生活も楽しんでいます!」

何より、女性からのセックス再開の提案は、夫にとってもうれしいサプライズになるとか。 「特にお子さんがいるご家庭は、セックスに関する話題がタブーになりがち。次第に旦那さんは、“うちの妻はこういう話は苦手”と思い込んで諦める人が多いようです。パートナーに素直になれない人も多いですが、女性から歩み寄るとポジティブな結果につながるはず」(牛山さん)

CASE3 最新のラブグッズでレス解消

定年を迎えた夫とふたり暮らしをしている立川美奈子さん(仮名・67歳)は、かなり意外な方法でレスを解消した。

「もう60代だし、夫とは記憶にないくらい昔からレス状態。だからといって冷めていたわけではなく、穏やかに過ごしていました。そんなとき、牛山さんのYouTubeチャンネルで“最新のラブグッズ”の動画を見たんです。どれもすごい多機能で感動しちゃって。雑談のつもりで夫にラブグッズの話をしてみたんです」

すると数日後、なんと自宅にウワサのラブグッズが届いたそう。「私の話に興味を持った夫が、ネットで注文。それから、せっかくだし使ってみようということになったのですが、これが完全に“どハマり”しちゃって(笑)。今はいろいろなグッズを取り寄せて長いブランクを埋めてます」立川夫婦は60代にして、再び充実したセックスライフを手にしたのだ。

「美奈子さんのように、日常のコミュニケーションの延長でレスが解消できると自然ですよね」と牛山さん。 レス解消のアプローチは、再開を焦って意気込みすぎないのがコツだという。

牛山さんは「セックス=挿入」という男女の思い込みは、年齢とともに取り払ってほしい、と語る。

「挿入にこだわると身体の変化のせいでセックスがおっくうになります。本来セックスは抱き合ってキスをしたり、お互いに気持ちいいところを刺激し合ったりするだけでもいい。セックスは挿入行為ではなく“愛を深める行為”と発想を変えれば、苦手意識も軽減されるはず。可能な範囲でレスを解消して、ラブ・ライフを充実させましょう!」

【夫婦で話し合ってラブグッズを上手に活用!】

「中高年のレス解消には、ラブグッズの活用がオススメ!ローションや潤滑ゼリーを使えば、膣が濡れにくいときも挿入しやすくなります。また、家にあるタオルやアイマスクで目隠しをすると、手軽に“プチSMプレー”も楽しめます。

そのほか、膣内に挿入して刺激を得るストレートタイプのバイブレーターは、ビギナーでも使いやすいアイテム。男性があおむけで寝た状態でバイブを立て、女性が自らバイブを挿入していくと男性から見た視覚的興奮度もアップ。上手に使ってふたりの時間を楽しんで」(牛山さん)

たとえセックスレスになっても夫婦生活は続けられる─。そう考えている読者もいるのでは?しかし、離婚カウンセラーとして3万6000件以上の夫婦の悩みに耳を傾けてきた岡野あつこさんは、レスと離婚の関係についてこう語る。

「もちろんレスだけが離婚の原因になるケースはまれです。ただ、何度か相談を受けているうちに“実はレスで悩んでいた”と告白する人は、男女ともにとても多いですね」

夫婦間で“セックスに対する重要度”にズレが生じると、離婚に至る可能性も高まる、と岡野さん。

「特に、レスのせいで“自分は夫に愛されていないかもしれない”と疑心暗鬼になる女性は要注意。セックス=愛されている証と考えているため、レスの状態がツラくなってしまうんです。また、40〜50代の女性は年齢や肉体の衰えにコンプレックスを感じているので、レスによってさらに女性としての自信を失ってしまいます。本来セックスは、年齢と経験値を重ねるほど円熟するはずなのに、若さに劣等感を抱えている人は“年をとった私には魅力がないんだ”と考えてしまうようです」

妻の気迫がレスに拍車をかける 岡野さんのもとには、レスと夫婦関係に悩む夫婦も多く訪れる。出産後、2年間のレスに悩んでいる38歳の女性は「どうしてもセックスを再開したい」と相談に来たという。

「10歳年上の旦那さんは、子煩悩で勤勉、家事も積極的に参加してくれて不満はないが、セックスをしてもらえない、と相談されました。旦那さんからも話を聞くと、日ごろの彼女のワガママな振る舞いに嫌気が差して、女性として見ることができなくなってしまったと嘆いていました」

旦那さんからも話を聞くと、「日ごろの彼女のワガママな振る舞いに嫌気が差して、女性として見ることができなくなってしまったと嘆いていました」そこで岡野さんは、その男性に感情を入れずにセックスすることを提案。

「レスは夜だけの問題ではなく、普段の振る舞いがかなり重要なんです」 そして岡野さんは、さまざまなアプローチをしてもレスが解消されない場合は「離婚を視野に入れても問題ない」と話す。

まずはセックスに対する自分の本音に耳を傾けてみよう。そして、セックスがしたいときは意地を張らずに素直にお願いすると“かわいい”と思ってもらえますよ」(岡野さん)

出典:https://www.jprime.jp/articles/-/22212

注目ニュース