シニアの話題

保護犬がデイサービスの“癒し犬”に。足元にそっと寄り添うと高齢者の気持ちに驚くべき変化が

四国犬のふたばちゃんにとって、水玉模様の服は“お仕事”へのスイッチです。勤務場所は兵庫県尼崎市にある地域密着型デイサービス『南武庫茶寮』。デイサービスといえば、要介護状態にある高齢者がスタッフのサポートを受けて入浴や食事などをする日帰り施設のことですが、南武庫茶寮は外観も内装もオシャレで、地域住民も利用できる“カフェ”の機能を備えて2021年5月に開設しました。

お客様をお出迎えするのも大事な仕事(まいどなニュース)

「デイサービスと聞くと、お年寄りばかりが集まる場所をイメージされると思いますが、ここは違います。地域の方にもカフェとして利用していただき、介護施設っぽくならないようにしているんです。自然な老いのためには社会参加が絶対に必要ですから」 話してくれたのは、施設管理者の若月怜子さん。

ふたばちゃんは2016年秋、香川の山間にある民家の床下で野犬のお母さんから産まれました。地元の愛護団体に保護され、同年12月に里親募集サイト『ペットのおうち』を通じて若月さんの家へ。

一緒に働ける犬を探していた若月さんの上司が、当時、生後約2カ月のふたばちゃんを写真で見て「この子!」と一目惚れ。保護主には「野犬は施設の犬には向かないかもしれない」と言われましたが、会いに行ったとき「きょうだいの中で後れを取って、ごはんを食べられないこともあるようなおっとりした子」だと聞いて、若月さんは決心しました。

車で営業に出るときは助手席に乗せ、訪問サービスに連れて行くこともありました。南武庫茶寮ができてからは、利用者の送迎に同行させるなど、徐々に仕事のパートナーとしての時間を増やし、今年8月初旬から茶寮に“出勤”。

ふたばちゃんは茶寮の空気を穏やかにするのが仕事。お客様にとって癒しの存在であるだけでなく、働くスタッフにとっても大変な業務の中、ふたばちゃんをなでたり話し掛けたりするだけで、心が穏やかになると言います。

ここがふたばの“犬生”にとって、そういう場所になってくれたらうれしいですね」 体重18キロのふたばちゃんは存在感それでいて、お客様の足元にそっと寄り添う姿は、空気に溶け込んでいるよう。デイサービスの施設に、これほどピッタリの犬はいないかもしれません。

出典元:https://news.yahoo.co.jp/articles/479960af56732a22ed905568bf090b73f804660a

注目ニュース