シニアの話題

「サービス付き高齢者住宅」に夫婦で入った人の思いがけない後悔

「サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)に入ったのは5年前のことでした。看取りまでやってくれると思っていたのですが、2年前に夫が亡くなった際は、最後は病院に運ばれました。私もずっとここに住み続けられるか不安です」(80代・女性)

どちらかがひとりになる日を見越して、施設への入居を考える人も多い。しかし「いつ」「どこに」入るかはよく考えたほうがいい。

サ高住のうち看取りができる施設は約22%しかなく、認知症などを発症すると追い出される危険もある。そもそもサ高住は自立した高齢者向けの住まいであり、最後まで住むという前提ではないことを認識しておこう。

老人ホームは夫婦の片方が介護状態になった場合に、その人だけ施設に入るほうが得策と介護ジャーナリストの小山朝子氏は語る。

介護付き老人ホームの入居年数は平均で約3年11ヵ月。夫婦共倒れにならないためには「ひとりで入る」決断をしたほうが無難だろう。将来的には、残されたほうも認知症になり、介護施設に入らなければいけなくなるかもしれない。

夫婦元気なうちに、将来の道筋をつけよう。自分の死後、ひとりのこされる夫、妻に対していまからやるべき準備はほかにもある。

出典元:https://news.yahoo.co.jp/articles/6c0432bb8665e24aad657c46282a8745e44df08a

注目ニュース