シニアの話題

65歳以上のシニア層スマホユーザー、実は10年選手が4人に1人

メトロアドエージェンシーは、シニア層におけるスマートフォンの所有・利用状況について調査した結果を発表した。65歳以上の東京在住の男女600人(事前調査2,288人)が回答している。

事前調査として2,288人に「スマホの所有状況」を聞くと、79.2%がスマホを所有していた。年齢別で見ると80歳以上でも6割以上がスマホ利用者となっている。

スマホ所有者である600名を対象に「はじめてスマホを所有した時期」を聞くと、「2011年以前」25.8%が圧倒的に多く、「2016年以前」を集計すると53.8%と半数以上に達している。

「スマホを所有したきっかけ」については、「スマホで使いたい機能があった」36.3%、「周囲にスマホ利用者が増えた」33.0%、「家族の勧めで」31.0%が上位となった。

「スマホの主な機能で使ったことがあるもの」では、「電話をする」87.5%、「メールをする」77.0%、「写真を撮影する」74.3%と、ガラケー時代からの機能が上位となっている。

シニア層がスマホを使っているときの“感情”について聞くと、「スマートフォンを使うのは便利だ」75.3%、「スマートフォンをもっと使えるようになりたい」61.3%、3位「スマートフォンを使うのは楽しい」45.2%と、肯定的な感情が多かった。

出典:https://webtan.impress.co.jp/n/2021/10/14/41759

注目ニュース