シニアの話題

認知症発症予防のためまず行うべきは「生活習慣病」改善。心配あれば「認知症専門外来」の受診を

発症の20年くらい前から、少しずつ脳の病変が起こるアルツハイマー病。患者数が最も多いこの認知症を防ぐためには、40~50代から、自分の認知機能の変化をチェックしてほしい。

まず、次の項目にあてはまるかどうか確認を

□イライラする

□眠れなくなる

□外出がおっくうになる

□趣味に楽しみを感じなくなる

□ど忘れが増える

□同じことを何度も聞くようになる

□頭痛や胃痛がある

一つ一つは、よくあることと言ってしまえるようなことだが、「これまでと比べて」増えているかどうかが大事。

アルツクリニック東京(千代田区)の新井平伊院長によると、「変化」があるかどうかが大切で、それに真っ先に気づくのは自分だという。かかりつけ医がない場合は、認知症専門外来や、各都道府県の認知症疾患医療センターを受診してみることが必要。

認知症を診る診療科には、脳神経外科、神経内科、精神神経科などいくつかあるが、新井院長は「診療科で選ばず、ぜひ認知症専門外来を受診してください」

診断がつかない、あるいは診断に納得がいかない場合は、他の病気と同様に、他の専門外来を受診したり、セカンドオピニオンを受けたりすることも考えたい。

認知症を発症しない、あるいは遅らせる未来を手に入れるためには、自分で「変化」に気が付き、適切な医療機関を受診する積極性が大切だ。

「変化」を自覚している人、SCD(主観的認知機能低下)、MCI(軽度認知障害)の人は、元の状態に回復させることが可能だと新井院長。 アルツハイマー病と診断された人でも、進行を遅らせることができるし、「変化」の自覚のない人であれば、脳の“健康寿命”を延ばすことができるという。

認知症に至る脳の老化は、次の順番でやってくる。つまり、この順番で防ぐことが大切になる。

(1)身体全体の老化

(2)脳の血管の老化

(3)脳の神経細胞の老化

(4)メンタルの老化

まず行うべきは、生活習慣病の人はその改善。糖尿病なら血糖値を、高血圧であれば血圧を、脂質異常症であれば中性脂肪とコレステロール値を目標値にできるだけ近づけたい。

れぞれの病気を持つ人とそうでない人とでは、前者のほうがアルツハイマー病や脳血管性認知症になりやすいことは、数多くの研究データが示している。 歯周病のある人は治療を、それ以外の人もしっかりと口腔ケアに取り組みたい。

出典元:https://news.yahoo.co.jp/articles/d022a309bf6d273b40042ee6355f1ee34905d9ca

注目ニュース