MENU

シニアの8割以上「スマホが生活に必要」 どのくらい使いこなせているのか?【電通調べ】

電通は、週に1回以上スマートフォンでメール、通話以外の機能を利用する60~79歳男女を対象に、「シニアのスマホライフ実態調査」を実施した。

生活をするうえでスマホを必要としているかどうかを聞いたところ、8割以上が「必要」と回答した。

「絶対に必要だと思う」「必要だと思う」を合わせた割合は、全体で85.0%だった。性年代別では、男性60代で84.8%、70代で79.2%、女性60代で90.0%、70代で85.2%だった。

「生活が良くなった」という答えた割合は男性60代で61.6%、70代で57.2%、女性60代で72.4%、70代で67.6%と、多くのシニアがスマホをポジティブに評価していて、特に女性が楽しさや利便性を感じていることが分かった。

スマホを持ってから良くなったことについて、1位は「分からないことをすぐに調べられるようになった」(55.6%)、2位は「知りたい情報を簡単に得られるようになった」(54.1%)、「暇な時間を楽しめるようになった」(38.7%)だった。

どれくらいスマホを使いこなせているかの問いに、「とても使いこなせていると思う」「使いこなせていると思う」と答えた割合は、合わせて男性は33.0%、女性は32.2%だった。

使いこなせていると思う人は3割強で、使用する機能は1位が「メールの閲覧・送受信」(81.5%)、2位は「メッセンジャーアプリ(LINE)」(79.5%)、3位は「通話」(76.8%)だった。 「ニュース」や「天気予報」の閲覧も6割を超えた。

「キャッシュレス決済をすることがある」は全体で74.1%だった。 性年代別では男性60代が最もキャッシュレス利用者が多く、83.6%にのぼった。

「スマホによって生活がとても良くなった」と回答した女性は、「スマホを使いこなせている」と回答した割合も高く、半数を超える55.0%だった。「スマホによって生活がとても良くなった」と答えた女性が利用しているスマホ機能を聞いた。

「スマホによって生活がとても良くなった」と答えた女性が今後使ってみたいスマホ機能は、1位が「飲食店・美容院などお店の予約・クーポンサービスの利用」(18.8%)、2位が「健康・体調管理(カロリー、体重、運動量、血圧など)」(16.5%)、3位が「旅行、ツアー、切符・航空券、宿泊予約サービスの利用」(14.1%)であった。

調査は、電通が週に1回以上スマホでメール、通話以外の機能を利用する60~79歳男女を対象に、インターネットで行った。期間は7月11~12日、有効回答数は1000人。

引用元:https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2209/23/news050.html

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次