MENU

運転歴57年の湯原昌幸(75)「ドラレコのおかげで丁寧な運転を心掛けるように」

近年、悲惨な交通死亡事故が相次いだことで、高齢者の運転問題が社会問題化している。その流れを受け、5月13日から75歳以上のドライバーの免許更新に新たに「運転技能検査」が加わった。

「認知機能検査」を受ける義務もあり、免許更新のハードルが上がっているが、一方で「それでも免許は返納したくない」という人たちもいる。今はジャガーに乗るという歌手・湯原昌幸氏(75)に聞いた。免許を取得した18歳からずっとハンドルを握り、運転歴は57年。今もほとんど毎日乗っています。

仕事場への移動も自分で運転しますし、ゴルフ、食事、旅行にも車で行きます。助手席にはいつも妻の(荒木)由美子がいて、他の女性を乗せたことはありません(笑)。若い頃はスポーツタイプの車に乗ってスピードを出すこともありましたが、今考えると無茶な運転もしていました。

事故の経験もあります。グループサウンズ解散後、ソロで弾き語りを銀座や六本木でしていた時に、『雨のバラード』が名古屋、大阪で売れ出したというので関西にキャンペーンに行くことになったのですが、朝6時まで仕事をして車で帰宅途中、対向車がスリップしてこちらの車線に突っ込んできました。念願のキャンペーンも中止となり、これはショックでした。

75歳の後期高齢者となった今は、年齢と共に穏やかな運転になりつつあります。高齢者向けの講習を受けるたびに気持ちを引き締めています。

最近、保険会社がドライブレコーダーを取り付けてくれ、これが乗るたびに運転内容を「前回はAでした」「Bでした」とか言ってくるんです。その判定で次の保険料が変わるというので、できるだけAが出るように丁寧な運転を心掛けています。

運転免許の返納は手足をもがれるような感じがします。僕の場合、95歳になっても、自分が運転できると思ったら運転していたいです。

引用元:https://www.news-postseven.com/archives/20220526_1756577.html

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次