インターネット記事

「8000万円当たりました」架空料金請求詐欺 70代男性が約1300万円の被害【宮崎県高原町】

宮崎県高原町の男性が架空料金請求詐欺でおよそ1300万円をだまし取られる被害が発生しました。

警察によりますと、今年6月ごろ、高原町の70代男性のパソコンに「8000万円が当選しました」というメッセージが届きました。

その後、男性は、当選した現金を受け取るための手数料やセキュリティ費用を請求されたということです。

男性は指示を受けて、およそ25回にわたり、コンビニエンスストアでおよそ340万円分の電子マネーを購入し、その番号を指定されたメールアドレスに送信しました。

また、10回にわたって犯人から指定された口座に1000万円を振り込み、合わせて1340万円をだまし取られました。

警察は、身に覚えのない不審なメッセージを受け取った時は、家族や警察に相談するよう呼び掛けています。

引用元:https://newsdig.tbs.co.jp/articles/mrt/133014