インターネット記事

性生活を更新できていないと感じる中高年はおよそ5割?【ミドルエイジの性生活】

ミドルエイジ以降、からだにはどんな変化がある? 年齢を重ねると、こころにもからだにもさまざまな変化があり、若い頃のセックスのやり方が通用しなくなります。

男性・女性ともにおとずれるエイジングの変化にはどのようなものがあるのでしょうか。 まずは女性の変化について、女性の性欲のピークはなんと55歳と言われています。

女性ホルモンの分泌が低下することで、これまで女性ホルモン優位だった男性・女性ホルモンのバランスに変化が。男性ホルモンは性欲にも関連しており、このため女性の性欲が高まるというわけです。

一方で、女性ホルモンのエストロゲンの分泌量が減ることで、膣が乾燥しやすくなったり濡れづらくなったりと性交痛につながる変化も。 加齢とともに男性に訪れる変化には、勃起力や精液量の低下が考えられます。

これは、加齢による筋肉量の低下が理由ということもありますが、ストレスや生活習慣病の影響もあります。

歳を重ねるとセックスには不利な変化ばかりのように見えますが、何歳になってもセックスを楽しむことはできます。ポイントは、エイジングによる変化を受け入れ、年齢に応じてセックスの方法も変化させることです。

35~79歳の男女500名を調査対象とした「エイジングと性に関する調査」(TENGA社)によると、男女ともに性生活のアップデートは行った方が良いと思っているものの、実践できていない人が多い結果となりました。

男性はおよそ6割、女性ではおよそ5割が性生活のアップデートに悩んでいる様子が浮き彫りになりました。ミドルエイジ、特に50~60代は性生活にブランクがあっても実生活の落ち着きとともに再開する人が少なくありません。

性生活のアップデートは、どのようなことを大切にすればうまくいくのでしょうか。お互いが望むセックスについて、伝えてみることが大切です。

特に女性はからだの負担やペースなどを男性に打ち明けて相互理解をはかってみましょう。

先述の通り、男性は年齢を重ねると勃起力や精液量の低下がみられます。 スキンシップを楽しむセックスにシフトするのも一つの案です。 アダルトグッズを使用したセックスやマスターベーションで、感度を上げる工夫をしてみてはいかがでしょうか。

年齢を重ねるにつれてからだにもこころにも変化があるのは当然です。 ミドルエイジを迎えた自分と向き合い、どうすれば相手と気持ちよくなれるのか、コミュニケーションを高められるのかを考えてセックスをアップデートしてみると、新たな楽しみが見つかるかもしれません。

引用元:https://yogajournal.jp/14189