MENU

全国で導入広がる小型電動車「グリスロ」、高齢男性が市道で追突事故【千葉県松戸市】

千葉県松戸市が先月末に導入を開始した小型電動車「グリーンスローモビリティ(グリスロ)」が2日に追突事故を起こしていたことがわかった。ドライバーの高齢男性がアクセルとブレーキを踏み間違えたという。

松戸東署によると、事故は2日午後2時50分頃、同市小金原の市道で起きた。グリスロを運転する70歳代後半の男性が、赤信号で停止しようとした際、誤ってアクセルを踏み、60歳代女性の乗用車に追突した。女性は軽傷という。

グリスロは、時速20キロ未満という低速で公道を走れる電気自動車。高齢者向けの移動手段として、全国で導入の動きが広がっている。

松戸市では2019年から実証調査を行い、先月29日に本格運行を始めたばかりだった。運転は講習を受けた住民ボランティアが担っている。市地域包括ケア推進課の担当者は「事故があったことは事実」と認めている。

引用元:https://www.yomiuri.co.jp/national/20221105-OYT1T50137/

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次