MENU

仕事と家事に追われる女性を助けたい 灘校生が考えた買い物代行ビジネスプラン

SDGsにも掲げられる「ジェンダー平等」。世界経済フォーラムが昨年発表した「ジェンダー・ギャップ指数」によると、日本は156カ国中120位と低く、男女の格差・不平等が問題視されている。

そんな状況下で、家事・育児の比重が重いまま働く母親たちを助けられないか。灘高校の1年生4人が、忙しいワーキングマザーのため、高齢者が買い物を代行するサービスを提案した。

働く母親の家事負担を軽くしたい 灘高校の4人が考案した買い物代行サービス「CASE Pick」。

買い物代行アプリを使うと家事の負担を軽くできるため、仕事と家事で日々時間に追われている母親たちから高い需要があると考えた「私の母も働くようになってから時間に追われています。買い物は夕食前に大急ぎで済ませることが増えました」

このサービスでは「パートナー」と称する買い物代行者を「高齢者」が担うのも特色だ。 「時間に余裕のあるシニアの方々に買い物をしてもらう。シニアの方に運動と外出の機会をつくり、健康を維持してもらいたいとも願っています」

使い方は、利用者が専用アプリから欲しい商品、商品受け取りの希望時間などをオーダー。 パートナーが、買い物を代行し、購入した店舗内に設けた専用の受取口に商品を保管。買い物完了の通知を受けた利用者が、仕事帰りなどに商品を受け取る流れだ。

報酬はクーポン、地域活性化にも貢献 買い物代行を行う店舗を地元密着型の中小規模のスーパーに設定することで、地域の消費活性化につなげられるという。

「パートナーへの報酬は現金ではなく『クーポン』を採用。店舗での買い物代行を終えると、即、同店舗で利用できるクーポンが発券されて自分の買い物もできます」

今年1月、高校生たちが考案したビジネスプランを競う「第9回高校生ビジネスプラン・グランプリ」(日本政策金融公庫主催、東京大学本郷キャンパス開催)の最終審査会にファイナリストとして参加。事業内容のプレゼンを行い、灘高校は審査員特別賞に輝いた。

引用元:https://www.koukouseishinbun.jp/articles/-/8672

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次