MENU

シニアのための“無理しない副業”の見つけ方【60歳からの究極のお金の使い方】

定年後は、働いても給料は現役のときほどもらえない場合が多いので、他に収入を得る方法を考えている人もいるでしょう。ただ、年齢的にも、時間的にも、ダブルワークはキツイもの。

ちょっとした副業で収入を得られないかと思いますよね。最近はパソコンを使いこなす人が多いので、インターネットでの副業は増えているようです。自分の知識や技術を使い、それを収入源にする副業もあります。

例えば、「ココナラ」というサイトでは、サイト作成などのほか、占いや悩み相談、学習の相談、模擬面接など、さまざまなことをサービスとして提供できます。悩み相談なら1分100円、模擬面接は1時間5000~1万円などと、自身の価値観で金額を設定でき、売れたら販売者は料金の22%、購入者は5.5%を金額とは別に負担する仕組みです。使い方によっては、結構よい副収入になるかもしれません。

自動車免許を返納し、自宅の駐車場が空いた人はシェアリングサービスに登録して貸し出してもいいかもしれません。運用については値段をつけるところからサポートが受けられますし、トラブルへの備えも教えてもらえます。手数料は金額の30%以上が多いですが、空き駐車場の有効利用としては検討の価値ありです。

写真が趣味なら、撮影した写真を販売する副業もできます。「PIXTA」「Adobe Stock」など、販売できるサイトはいくつもありますので、自分に合いそうなサイトを探してみるのもいいですね。「PIXTA」を例にすると、販売価格はSサイズ550円、Mサイズ1980円、Lサイズ3630円、XLサイズ5500円で、報酬率は22~42%ほどです。

ものづくりが好きなら、その販売を考えてもよいでしょうし、得意な家事があれば家事代行もできます。

60歳を過ぎてから、新しい技術を身につけるのは大変です。今まで培ったスキルや趣味を生かし、収入につなげるのが無理のない副業です。副業のために自分の得意は何かを、探してみては? この先の人生の楽しみが見つかるかもしれませんよ。

引用元:https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/305042

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次