インターネット記事

高齢者からスマホについて質問されたときの応対集「スマホの教え方、教えます」NPO法人がサイトで無料配布

特定非営利活動法人デジタルライフサポーターズネット(所在地:愛知県瀬戸市、理事長:友 次進、法人番号:9180005017518)は、「スマホの教え方、教えます」冊子を当法人Webサイトにて2022年6月1日より無償配布しております。

当法人では、2017年法人設立時より高齢者のスマホ利用をサポートする講座や相談会を実施し、また2019年からはスマホ相談を受ける市民ボランティアの育成を行ってまいりました。

急速にデジタルシフトしていく中で、「誰一人取り残さない、人に優しいデジタル化」とは、誰一人として他人事ではないと私たちは考えます。

また、高齢者のデジタルデバイド解消の一助となればと思い本書を作成いたしました。

ある高齢の方からお伺いした話を紹介します。

「若い子にスマホのことを聞くと『触ればわかるよ』と言うけど、怖くて触れないの。飛んでいる飛行機のコックピットで、操縦方法は触っていれば分かるよと言われても、触れないでしょ。年寄りはそんな気持ちでスマホを使っているの。」

<主な内容>

  1. 教える人の心構え ~スマホの利用はストレスであることを理解して応対します。
  2. スマホの設定 ~ちょっとした設定変更を行うだけで使いやすくなります。
  3. 基本操作 ~最低限知っておく必要のある操作方法のみ伝えます。
  4. アプリ ~当たり前の操作も、ゆっくり、丁寧に、繰り返し伝えます。
  5. 知識 ~マナーやセキュリティといった知識を伝えることも教える側の大切な役割です。
  6. 用語 ~質問には、正確な言葉の意味よりも、分かりやすさを優先し説明を行います。
  7. アカウント ~最も理解が難しく、混乱する箇所です。

<冊子概要>

タイトル:「スマホの教え方、教えます」

     2022年3月1日初版発行

発行  :特定非営利活動法人デジタルライフサポーターズネット

仕様  :A5サイズ、16ページ、カラー

※本冊子は「尾張旭市市民活動促進助成金」の交付を受けて制作いたしました。

引用元: https://dsapo.org/smartphonecoach/