MENU

【福岡県大野城市平野台区】「高齢者のイス」について

取組内容

 大野城市平野台区は住民が約3,000人程の自治区であり、65歳以上の高齢化率が30%を超えています。

 ほとんどの道路が坂になっているため、外出の際には坂の上り下りが必要となり、住民の負担となっていました。

 そんな中、地域に休憩場所を増やすことで高齢者の引きこもりを防ぐことを目的として、2020年から平野台区自治会の独自の取組として、「高齢者のイス」の取組を始めました。住宅の花壇や外壁の出っ張り、段差など、高齢者が休憩できそうなスペースに「高齢者のイス」の表示板を取り付け、住民に利用してもらう取組です。

 費用についても、表示板と接着するボンド代のみの費用で済み、ベンチの設置とは異なり多額の設置費用がかからず、費用対効果の面でも非常に有用です。

 住民の方々に承諾を得て設置された「高齢者のイス」の数は約50か所となっており、高齢者の方が自由に休憩できるスペースとして、地元住民に利用されています。

県内の様々な取組について

 今後も福岡県内での好事例について、本ホームページでご紹介する予定です。

このような地域における取組を知っていただき、ぜひ各自治体等での参考としてください。

引用元:https://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/koureisyanoisu.html

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次