MENU

『高齢化進み多様化する介護の形』 高齢者の付き添いサービスとは?

誰にもいずれ訪れる「老化」 人は老いると日常生活が困難になり介護が必要になります。しかしその介護について困りごとを抱えている人は少なくありません。

介護を担う男性「自宅より施設のほうがいいのではと客観的に見て思うが、妻はぎりぎりまで家でみたい本人も家がいいということで、色んな葛藤がってそれが悩みというか課題かなって感じですね」

介護を必要とするレベルは要支援と要介護の7段階に区分されていて、症状の重さによって介護保険の補助額が変わります。この補助金を介護サービスや住宅改修などに活用することができ、介護利用者の金銭的な負担を軽減しています。

自宅で介護をする女性「介護は初めてなので何も分からなかったが年々分かるようになってきたというか、援助が必要だったり補助金を活用したり」

しかし家事代行や送迎など、生活に必要なサービスなどは保険が適用されないものも多くあります。こうしたものを保険適用外サービスとしい近年需要が高まるなど、介護サービスの在り方が問われています。

事業所での会議「きょうはしっかり付き添って先生の話を聞いて報告書にまとめて、兄弟で検討したいというのが一番の思いですね」

沖縄市の福祉事業所・ハレルヤ。ここでは介護の資格を持ったスタッフが病院に通う高齢者に付き添う事業を4年前から始めています。付添うスタッフが診断内容や医師とのやりとりをまとめ家族に報告を行うこの事業は介護保険の適用外のサービスですが年々ニーズが増えているといいます。

福祉事業所ハレルヤ・大城五月さん「付き添いをしたいけど家族も病気で付き添いできない、仕事で付き添いできないと様々な事情がある。家族にとって本人は大事な存在で病気も悪化してほしくない介護の重度化も予防したい気持ちがあるので」

この日は実際の付き添いの現場に同行させてもらいました。付添いを行うのは70代の男性。いわゆる独居老人で普段は1人で病院に通っています。しかし病状の悪化が見られるも、詳しい内容が分からないとして、親族が付き添いを依頼しました。

いつものようにタクシーを呼んでスタッフと男性は病院に向かい、診察室に入ると主治医から驚きの言葉が飛び出しました。

ちばなクリニック 山口怜医師「入院が必要なくらい心臓が悪いんですよ、肺にも水が溜まっていて、ちょっと動くと息がきれてしまう」

実は男性は重度の心不全を患っていて、体の各所に影響が表れるなどすぐに入院が必要な危ない状態にあったのです。命の危険もありうるとして医師はこれまでに何度も入院を打診するも話は進展せず頭を悩ませていたといいます。

ちばなクリニック 山口医師「実は生活がよく見えなくて、おひとりなんですか?」

患者の高齢化が進む中で、医師と患者のコミュニケーションが困難となるケースは増加していて、家族と情報の共有ができないことで適切な対応が遅れ、病状の悪化にも繋がっているといいます。

ちばなクリニック・山口医師「(介護保険だけでは)抜けちゃうもの、家族との連絡やうちのソーシャルワーカーもやってくれるけど、こういう状況で家族背景があって、送迎やできないところ(を補助して)付き添いをしてくれるのは凄く必要」

急きょ連絡を受け病院に到着した親族は、叔父の状態の悪さを知り驚きと焦りが隠せない様子でした。病院側だけでなく、家族もまた正確な情報を知らなかった現状。依頼者は介護の難しさを痛感するとともに付き添いサービスの必要性を痛感していました。

付添いを依頼した男性「そのままだと様子を見ることになったかもしれないし、手遅れになったかもしれない。こういうサービスがあってよかったなと強く思う」

高齢者と家族と医療を結ぶこの付添いサービスによって、互いに抜け落ちていた情報を補完することができ、高齢男性の入院へと繋げることができました。このように高齢化が進む中、求められるサービスも更に多様化するといいます。

ハレルヤ 大城五月代表「介護保険のサービスだけではなかなか難しいと思っている、今ある社会資源や地域、家族、専門職が手を取り合って支えていくかと同時にないものは民間がサービスを作ることが必要と思う」

介護保険サービスだけではまかなえなくなる高齢者介護。新しい介護の形とそれを利用できる仕組みが求められています。

【記者MEMO】
これまでは家族で介護を担うべきだという、家族による介護がある種の常識とされていました。しかし女性の社会進出などが一般的になり、介護に時間を費やすことが難しい状況も生まれています。介護は育児と異なり、いつ始まり、終わるのか分からないもので、その負担も少なくありません、多種多様な介護サービスを利用しながら、社会全体で介護を担う環境の整備が求められています。

引用元:https://newsdig.tbs.co.jp/articles/rbc/49170

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次