MENU

「ネットを全く利用していない」66歳以上の33%、理由は?

ウイルス対策ソフトを提供するアバストは、「シニア層のインターネットの利用頻度に関する調査」を実施。その結果、国内の66歳以上の3人に1人がネットを全く利用していないことが分かった。

シニア層のネット利用頻度を調査したところ、ネットを「定期的に利用している」、「時々利用している」、「全く利用していない」という結果になった 調査によると、55~65歳の90%がネットを頻繁に利用していると回答しているものの、66歳以上で定期的にネットを利用していると回答した人は32%にとどまった。

ネットを利用していない理由を尋ねると、最も多い理由は「複雑すぎる」だった。さらに67%がネットを利用しているものの、62%が家族や友人にネット利用を手伝ってほしいと考えていることも分かった。

ネットを定期的に利用しているシニア層の割合(国別) ネットを定期的に利用しているシニア層の割合を国別で見ると、ロシア(64%)が最も多く、次いで英国(55%)、ニュージーランド(53%)、アルゼンチン(52%)の順に多かった。「日本」(31%)については、世界平均の36%を下回っていた。

今回の調査では、ネットを利用していないシニア層のうち、77%は「自分がネットを使用しているところが想像もつかない」と回答した。一方、24%は「家族や友人など、周りからのサポートがあればネットを利用してもよい」と考えていることが分かった。

また、ネット利用に自信がないと回答した人の62%が、自信がないことを気にしていると回答していた。オンラインでのセキュリティに関して尋ねると、「非常に心配」(24%)、「少し心配」(35%)、「全く心配していない」(41%)という結果に。

オンラインセキュリティにおける懸念点を聞くと、「詐欺メールによる被害」(24%)、「個人情報の盗難」「クラウド上の個人情報の流出」(いずれも12%)といった回答が多かった。

電話による調査で、日本国内の回答者100人を含む、世界の55歳以上(アルゼンチン、オーストラリア、ブラジル、チェコ共和国、フランス、インド、日本、メキシコ、ニュージーランド、ロシア、スロバキア、スペイン、英国、米国)計2700人が回答した。調査時期は2021年9月。

引用元:https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2203/23/news054.html

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次