インターネット記事

これもコロナ禍の影響?1人暮らしのシニアから「コンビニメシに飽きた」の声

コンビニの利用者はシニアが多い。

シニアの利用者が多いコンビニの調理済み食品。コンビニがあれば楽に暮らしてゆける、と好評だが、その味に飽きたという声を聞くようになった。その背景には、コロナ禍で外食の機会が減ったこともありそうだ。

コンビニの「近接」は住宅分譲において利点の1つとして取り上げられるようになった。シニアのコンビニ依存度が高いことに合わせて、コンビニ業界も積極的にアピール。コンビニメシは、万人受けのする味を追求するので、同じような味付けになりがちである。

詳細は出典元:https://news.yahoo.co.jp/byline/sakuraiyukio/20210901-00252304

注目ニュース