インターネット記事

被害女性の母親「生きていること自体許せない」被告の少年に厳しい刑望む【福岡商業施設刺殺事件】

2020年、福岡市の商業施設で女性が殺害された事件の裁判員裁判で、被害女性の母親が出廷し、被告の少年(当時15歳)に対し「生きていること自体許せない」と涙ながらに話しました。

起訴状によりますと、少年(17)は2020年8月、福岡市の商業施設に買い物に訪れていた面識のない女性(当時21)を包丁で刺して殺害した罪などに問われています。

15日午前から福岡地裁で行われた裁判には被害女性の母親が出廷し、これまでの裁判について「犯人の経歴・生い立ちばかりが問われているような気がする」「どんな生い立ちをしているか分からないけど、やって良いことと悪いことがある。あまりにもこの事件、残酷すぎます」と涙ながらに主張しました。

さらに母親は「出来ることなら犯人もその家族も同じ目に遭わせてやりたい」「被告には一生刑務所に入ってもらいたい。生きていること自体許せない」と話し、厳しい刑を望みました。

午後は検察側から論告求刑が行われる予定です。

引用元:https://www.fnn.jp/articles/-/389646