インターネット記事

【心理学】大雨で危険なのに…田んぼを見てくる なぜ人は危険な行動を取るのか?

1: シャチ ★ 2021/08/30(月) 02:09:56.29 ID:LkMV/l+x9
 強風や大雨のさなか、田畑や水路などの様子を「ちょっと見に行ってくる」と出掛けて、被害に遭うケースが毎年のように後を絶たない。実際に様子を見に行った経験のある人も多いのではないだろうか。危険な行動のはずなのに、外出してしまうのはなぜなのか。台風の接近しやすいシーズンが続く中、そういった災害時の行動の心理を探り、わが身を守る心構えや避難行動についてあらためて考えてみたい。

 記録的な大雨となった14日、庄原市の兼業農家の男性(69)は雨脚が弱まった昼前、裏山の農業用ため池の確認に向かった。

 地元には、2018年の西日本豪雨の土砂災害の爪痕が残る。「雨が降ったら危ないから見に行くな」と忠告する住民もいるが「危険な目に遭ったことがないし、気を付けとるけえ大丈夫よ」と出掛けたという。

 ため池に着くと、つながる水路から水があふれ、道路に流れ出していた。「こりゃ、いけん」。男性は自宅に戻るどころか、慌てて住民数人を呼び、水路に詰まった土砂などを取り除いたという。ため池の管理を10年以上担ってきた。「田畑まで土砂が流れてきたら、せっかくの実りが台無しになる。わしらが守らんと」と言い切る。

 はた目から見ると危ないのにどうして多くの人が「ちょっと見に行く」などとリスクを伴う行動をしてしまうのだろう。

 山口大の高橋征仁教授(社会心理学)は「年代や性別で違いがある」とし、とりわけ高齢の男性は自分の縄張りをチェックする「スカウティング(偵察行動)」に走りがちだと分析する。家族や地域への責任感が強く、行動によって責任を果たそうと考えてしまう。資産を守るためなら高齢の自分が犠牲になっても構わない―。そんな心理が働くとみる。

 若い男性もスカウティングをしがちで、危うい行動を取ることで自分を試そうとしたり、挑戦しようとしたりする傾向があるという。女性の場合、親や子どもを助けたいという思いの人が多いとみる。

 「いずれの行動も無意識的なものを含み、人の進化の中で構築されてきたとみられる」と高橋教授。人には火よりも水をあまり恐れない特性もあり、「大雨でも、被害に巻き込まれかねない危険性を直前まで認識しづらいところがある」と指摘する。

 広島市の40代会社員男性も、13日昼ごろ増水した川へ近づいた。河川敷のグラウンドは小学生の息子が所属する野球チームの練習場。「グラウンドの土が流されたら、僕らが再整備することになる」。被害がないか気をもむメンバーは少なくなく、女性の保護者たちも近づいた。

 男性は出掛ける前にインターネットで川の水位の画像を確かめたが、グラウンド付近にはカメラがない。「じかに見た方が安心できる」。濁流に漬かり始めたグラウンドの写真を撮り、無料通信アプリLINE(ライン)に上げて保護者間で共有した。「危ないと思うけど、確認するだけだから、という気持ちもある」と打ち明ける。

 高橋教授は、衝動的に行動せず、「ひと呼吸置く」よう勧める。危うい場所に近づいて行方不明になると、家族に心配をかけてしまい、捜索のために二次被害を引き起こす危険性もある。果たして責任ある行動なのかどうか。命を失う最悪の事態もある中で本当に必要な行為なのか…。「思いとどまることで担保される安全がいかに大きいかを、一人一人はもちろん、家族とも共有してほしい」と呼び掛ける。

8/29(日) 18:01配信 中国新聞デジタル
https://news.yahoo.co.jp/articles/fb79deba4b7b2787b07cf1f53a95a46f0658bcc7
イラスト
no title

引用元: ・【心理学】大雨で危険なのに…田んぼを見てくる なぜ人は危険な行動を取るのか? [シャチ★]

109: ニューノーマルの名無しさん 2021/08/30(月) 02:43:42.69 ID:k/xSzyzD0

危険を顧みず自分の正義を貫くという一種のヒーロー思考
ここで注目するべきは自分だけの正義と言う事だ

236: ニューノーマルの名無しさん 2021/08/30(月) 04:22:21.93 ID:/2y90gvS0
試験勉強の前に部屋の大掃除を始めてしまう心理と根っこは同じのような気がするけどな。

3: ニューノーマルの名無しさん 2021/08/30(月) 02:11:04.68 ID:ww3vQvUr0
スリルを楽しんでるな

6: ニューノーマルの名無しさん 2021/08/30(月) 02:11:44.32 ID:97JOTof+0
そこに田んぼがあるから

9: ニューノーマルの名無しさん 2021/08/30(月) 02:12:39.18 ID:hQp6AAmK0
台風が接近した時に海に行きたくなるよね
大雨の時にダムの放水も見たくなるし

11: ニューノーマルの名無しさん 2021/08/30(月) 02:13:15.53 ID:rFqLXwIJ0
若い時は、台風の時に老人が外に出て死ぬのが不思議だった。
5chでも用水路を見に行く老人を馬鹿にしていた。
そんな私も今年で87歳。
台風の前日、ポストに一通の手紙が。

手紙を読んで全て理解した。
明日は台風。
今から用水路に見に行くことを楽しみにしている。

418: ニューノーマルの名無しさん 2021/08/30(月) 06:40:41.48 ID:oFtQ4WP50
>>11
深淵からの手紙だな

14: ニューノーマルの名無しさん 2021/08/30(月) 02:13:43.96 ID:L5tLtkd00
当たり前だけど「見てくる」ってのは単に眺めに行くだけじゃなくて状態に合わせた水路の調整してくるって意味だから
見に行かないのは死活問題

207: ニューノーマルの名無しさん 2021/08/30(月) 03:57:03.09 ID:QODGiLWC0
自分の管理する田んぼの水流の加減を「みる」→「調節する&確認する」
ってことなんだよな

料理する人も味をみる→調節して確認する、だからね

「みる」ってのは視覚的に見るだけともかぎらないし、確認するだけともかぎらないよ

19: ニューノーマルの名無しさん 2021/08/30(月) 02:15:26.58 ID:lPsjJ/Fi0
no title

20: ニューノーマルの名無しさん 2021/08/30(月) 02:16:02.61 ID:oSemjYy70
その裏には確認してくれた人のおかげで助かった命がたくさんあるんだよ

41: ニューノーマルの名無しさん 2021/08/30(月) 02:21:24.95 ID:A+PSKk7H0
命より田んぼが大事だから

55: ニューノーマルの名無しさん 2021/08/30(月) 02:27:02.73 ID:tRHRf/Dd0
死ぬレベルの台風とか大雨とかだったら見に行っても水量の調整なんか無理。
まぢの農家はそんなことわかってるから見に行ったりしない。

74: ニューノーマルの名無しさん 2021/08/30(月) 02:33:13.17 ID:m0PFtdJO0
もっと現実的に、田んぼがダメになったら飯が食えなくなる。
水位調整間違えると村八分で生活が立ちいかなくなる。
ってとこじゃないかと。

84: ニューノーマルの名無しさん 2021/08/30(月) 02:35:26.54 ID:JcQ0VLR90
農家にとって
田んぼを見に行く = 用水路の水を見に行く
だから

ダムや堤防の水の制御は自治体がやるが
そこから先の細かい水路は全部農家がやるんだぞ
見に行かない農家などない 

注目ニュース