インターネット記事

【モナリザ受難】クリーム菓子なげられる 強化ガラスで無事

パリのルーブル美術館で29日、名画モナリザにクリーム菓子が投げつけられる騒ぎがあった。絵画は強化ガラスで覆われており、損害はなかった。

仏紙パリジャンによると、菓子を投げたのは20代でパリ近郊に住む男性。女性高齢者に変装し、車椅子でモナリザに近寄ったとみられている。インターネット上に投稿された動画には、男性が展示室から警備員に退出を促され、「芸術家は地球のことを考えろ」と叫ぶ様子が映っている。

モナリザは1956年、観光客に石を投げつけられ、一部が損傷。2005年、強化ガラスで覆われた。09年にはコーヒーカップを投げつけられたが、強化ガラスに当たって砕け、絵画は無事だった。

モナリザは16世紀のイタリアの画家、レオナルド・ダビンチが描いた傑作。世界中から観光客が鑑賞に訪れる。

引用元:https://www.iza.ne.jp/article/20220530-YREU5X2LARPGRPZKG2XWXVKS6U/

動画があったよ