インターネット記事

園児たちが高齢者に反射材を配り安全を呼び掛け 「【佐賀県武雄市】

意識を高めることで事故を防ごうと、武雄市では地元の園児たちが高齢者に反射材を配り安全を呼び掛けました。

この取り組みは、交通事故に遭う高齢者の反射材の着用率が低いため、子供達に呼び掛けてもらい、意識を高めることで事故を防ごうと、警察や地元の交通安全協会などが行ったものです。

17日は、武雄市の大崎こども園の園児など約40人が参加し、地元の老人クラブの高齢者にチラシと反射材を配り交通安全を呼び掛けていました。

【高齢者】
「こういうの(反射材)をして我々高齢者は自分の安全は自分で守るということに努めていきたい」

【武雄警察署交通課長 原辰太警部】
「反射材を着用して自身の存在をアピールして道路を横断していただきたい」

警察によりますと、2021年県内で夜間に起きた、高齢者が絡む事故は29件で、このうち3件しか反射材を身につけていなかったということです。

引用元:https://www.sagatv.co.jp/news/archives/2022051709590