インターネット記事

加古川市社協らが「フレイル予防体操」 第2弾DVD制作

社会福祉法人加古川市社会福祉協議会と外林鍼灸接骨院(加古川市東神吉町)が協働し、「フレイル(虚弱)予防体操」の第2弾となる「認知症予防編」のDVDを制作した。

フレイル予防を目的に制作された前回のDVDを見た医師から、認知症予防の取り組みを広げたいと相談を受け、第2弾制作が決定。椅子に座ったままできる体操で、リズムに合わせて手足を動かしながら、脳トレ要素である「考えること」を取り入れている。

15のプログラムで、1つの体操は2~3分。体操の構成や指導は同院の外林雅夫院長が担当。同協議会の職員が体操を行っている。

DVDは、同協議会、加古川市高齢者・地域福祉課窓口、同市内にある6カ所の地域包括支援センターで貸し出しているほか、地元のケーブルテレビと同協議会のユーチューブチャンネルでも収録動画を視聴することができる。

同協議会の本山政幸さんは「みんなで体操の動きをそろえることより、コミュニケーションを取りながら、楽しんで体操してほしい。ユーチューブチャンネルでは、何度でも好きな時間に見ることができるので、ぜひ活用してもらえたら」と視聴を呼びかける。

引用元:https://kakogawa.keizai.biz/headline/2307/