インターネット記事

メディアの自殺報道は過激なのか? 問われる「自殺報道」の意義と是非

芸能人の自殺が起こると、マスメディアの報道合戦が起こります。

数年前の芸能人の自殺が連鎖したときから、加熱するマスコミ報道に対して、報道を控えるようなガイドラインが徹底されて来ています。しかし、第一報以降は、未だに自宅前からの生中継などが行われ、多くの報道陣が集まっている様子がテレビから流れてくることが見受けられます。

このメディアの対応に関して、ガイドラインとは一体何だったのか、再考するべきでしょう。

メディア関係者の方へ 厚生労働省
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/seikatsuhogo/jisatsu/who_tebiki.html

著名人の自殺に関する報道が自殺者数に与える影響 内閣府経済社会総合研究所
https://www.esri.cao.go.jp/jp/esri/archive/e_dis/e_dis317/e_dis317.pdf

自殺報道ガイドラインはどこまで浸透したか 悲劇の連鎖を繰り返さないために求められていること Yahoo!ニュース
https://news.yahoo.co.jp/byline/furutadaisuke/20200719-00188898

三浦春馬さん逝去で日テレのガイドライン抵触に批判ーー問われる「自殺報道」の意義と是非 日刊サイゾー
https://www.cyzo.com/2020/07/post_247822_entry.html

メディアの自殺報道は過激なのか ― 実際の記事から見えてくる各社の対応 Wasegg
https://wasegg.com/archives/3794