インターネット記事

中国の都市封鎖で「iPhone」の出荷に遅れ生じる恐れ

中国で新型コロナ感染拡大に伴う事実上のロックダウンが長期化すれば、米アップルや米デル・テクノロジーズ、中国レノボ・グループの一部の製品の出荷が遅れる恐れがあると、ロイターが4月15日に報じた。

アップルからスマートフォン「iPhone」の組み立てを請け負っている台湾・和碩聯合科技は2022年4月12日、上海市と江蘇省昆山市の工場で操業を一時停止したと明らかにした。

サプライチェーンの専門家によると、ペガトロンは上海と昆山の工場で「iPhone 13」や「iPhone SE」のほか、iPhoneの旧モデルを生産している。台湾の電子機器の受託製造サービス大手、広達電脳も操業を停止している。同社は、アップルのノートパソコン「MacBook」の約4分の3を生産しているという。

中国は22年3月下旬から上海を厳重封鎖し、隣接する昆山でも規制を強化している。ロックダウンの実施開始からまもなく約3週間になるが、現時点で全面的に経済活動が再開される兆しはないという。

台湾の調査会社トレンドフォースの調査マネジャーであるフォレスト・チェン氏はロイターに対し、「もしロックダウンが数週間で解除されれば回復できるチャンスはあるが、2カ月以上になれば、その見込みはなくなる」と述べた。

iPhoneの組み立てを請け負うEMS大手には、台湾・鴻海精密工業もある。この時、市当局は市内や近隣の香港の住民に不可欠なエッセンシャルサービスをすべての事業活動を停止するよう要請した。

これに伴いホンハイのほか、中国国有自動車大手、中国第一汽車集団との合弁工場を持つトヨタ自動車などが操業を一時停止した。このほか、アップルの主要サプライヤーの1社であるプリント基板の台湾・欣興電子は「昆山封鎖の影響はこれまでのところ限定的であり、当社は湖北省や台湾に生産を振り向けることが可能だ」と述べた。

昆山のある工場オーナーはロイターに対し、「地方政府は操業再開のためのガイドラインを公表したものの、実施日を明らかにしていない」と不満を漏らしたという。ノートパソコンを主力とする台湾EMS大手の仁宝電脳工業はデルとレノボの製品を生産している。

トレンドフォースのチェン氏によると、コンパルはノートパソコンの約半分を昆山工場で生産しており、ロックダウンの影響を大きく受ける可能性がある。

引用元:https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/69803