インターネット記事

一部高齢者「運転技能検査」義務化、早期予約呼び掛け【静岡県警】

改正道交法が施行される5月13日から、過去3年間に一定の交通違反歴がある75歳以上のドライバーが運転免許証を更新する際、新たに「運転技能検査」の受検が義務付けられる。県警は対象者への変更点の周知に加え、早めの受検予約などの対応を呼び掛ける。

現在、運転免許証の更新期間満了日(誕生日の1カ月後の日)の年齢が75歳以上の人には認知機能検査の受検と高齢者講習の受講が義務付けられている。

施行後は、信号無視や逆走、速度超過などの違反歴がある人に、自動車教習所などで実車を使った運転技能検査を受けてもらう。五つの課題の合計点で合格を得る必要があり、何度でも受検可能だが、更新期間中に合格しないと更新はできなくなる。

改正に合わせ、認知機能検査や高齢者講習の手数料が値上げされる。県警運転免許課は「受検・受講を知らせるはがきが届いたら、速やかに電話予約をしてほしい」と求める。

引用元:https://www.at-s.com/news/article/shizuoka/1056118.html