自民党の河野広報本部長は、17日朝の「日曜報道 THE PRIME」で、新型コロナワクチンの4回目接種は、高齢者などを中心にして、若者の接種は積極的に進めなくてもよいとの認識を示した。

河野元ワクチン接種相「若い方については、そこは今までのように、ひっちゃきに(積極的に)4回目はやらなくてもいい」

河野氏は、「3回目までは若い方にも積極的に打ってもらった方がいい。そこからどうするかは、データを見ながら科学的な判断が必要になる」と述べ、4回目接種は、高齢者や基礎疾患のある人を中心にすべきだという考えを示した。

一方、ロシアのウクライナ侵攻について、河野氏は「侵略を止めるためには、さらなる経済制裁や『オリガルヒ』(新興財閥)への制裁を強めなければならない」と述べたうえで、ロシアのエネルギーや小麦などの、各国への輸出を止める方策を検討すべきだとの考えを示した。

引用元:https://www.fnn.jp/articles/-/348064