インターネット記事

踏切で立ち往生した車いすの高齢者を救助 門川町の男性に警察庁長官から感謝状【宮崎県】

門川町の踏切で電動車いすに乗ったまま立往生していた高齢者を救助した男性に警察庁長官から感謝状が贈られました。

感謝状が贈られたのは、門川町平城東の横山和弘さん(69歳)です。横山さんは、去年11月、門川町のJR日豊本線の踏切で、電動車いすに乗ったまま立往生している80代の女性を発見。電車が近づく中、女性を抱きかかえて線路の外へ避難させました。

4日、警察庁の中村格長官からの感謝状を、県警察本部の佐藤隆司本部長が横山さんに手渡しました。

(門川町 横山和宏さん) 「電車が怖いやらっちゅうのはなかったですわ。とにかく、ばあちゃんを出してあげてそれだけです。お互いにですね、ケガがなかったっちゅうことで良かったなと思います」 警察庁長官の感謝状が贈られたのは県内で初めてです。

引用元:https://mrt.jp/localnews/?newsid=202204056065