インターネット記事

老害化してしまう高齢者の特徴。肩書や上下関係に固執、背景には孤独も

コロナ禍の陰で、日本に今、“超高齢化”という新たなクライシスが迫っている。2025年には、約800万人いる団塊の世代が75歳の後期高齢者となり、歴史上前例のない高齢化社会が訪れようとしている。そこに希望はあるのか? その現実に向き合った。

超高齢化社会の問題は経済的負担だけではない。カルチャーギャップである「老害化」も無視できない。

高齢者事情に詳しいジャーナリストの林美保子氏は、男性60代以上1000人に実施したアンケートの項目から「6割が課長以上、4割が部長以上」を引用しつつ、指摘する 「役職は役割分担にすぎず、必ずしも人間性を表すものではありません。しかし、終身雇用・年功序列の縦社会のなかで、年齢だけである程度の肩書を得てしまい、それを自分の人間的価値だと勘違いしてしまっている高齢者が少なからずいます」

その勘違いを捨てきれないままフラットな横社会に移行すると、身勝手な自意識や縦社会の慣習を周囲に押しつけ、各所で軋轢を生むことに。

会社以外の生き方を知らずに社会との繫がりを失い、孤独に陥ることも老害化の一因だと林氏は指摘 「長時間クレームの電話をかける、被害妄想にとらわれて激高するなどは、背景に孤独があります。特に、ひとつの会社を勤め上げた人ほど、新しい世界に飛び込むのが苦手で、疎外感を埋める代替手段として他人を攻撃する傾向が見られます」

老害化すれば、周囲から疎まれ、孤立していく。 引退後は第二の人生。 肩書や上下関係に固執して、棒に振ってしまわぬように。

引用元:https://nikkan-spa.jp/1806187?cx_clicks_art_mdl=1_title