インターネット記事

「免許の返納前にぜひ試乗を」 地方高齢者の移動手段に電動トライク

高齢運転者の交通事故が社会問題となる一方、日常生活の移動手段として手放せない人がいるのも実情だ。 代替モビリティとして「電動トライク」を推す企業がある。

高齢運転者による交通事故が社会問題としてクローズアップされている。 事故を起こす前に免許証の自主返納に踏み切る人がいる一方で、山間部や地方に住むお年寄りにとっては、クルマが日常生活に無くてはならない移動手段となっているケースも少なくない。

自家用車に変わる新たな移動手段として、車検・点検などを行うメイワは三輪のモビリティ「電動トライク」に着目。2022年3月末まで地方在住の移動困難者を対象に無料での試乗モニター募集を開始した。

同社は、車が手と足で操作するのに対して手だけで操作する電動トライクは運転ミスを起こしにくいと指摘。 免許を返納することで生活の行動範囲が狭くなり、脳への刺激が減少することによって認知症のリスクが高まるといった研究結果があるとしたうえで、 と試乗を呼び掛けている。

国内では、原油価格の高騰などを受け地方のガソリンスタンドが年々減少している。家庭用コンセントで充電でき、排気ガスを排出せず環境に優しいモビリティとして普及が期待されるEVだが、電動トライクもその一つとして普及が進む可能性がある。

同社が試乗用として貸し出す電動トライクは、最高時速30~40km。 バーハンドル式操作の三輪自動車で、普通自動車免許証で運転が可能。乗車人数は1~3人。 満充電に掛かる電気代は数十円~数百円程度。

試乗モニターへの電動トライク貸し出しは2022年4月1日以降開始予定。 愛知、三重、滋賀、岐阜、静岡、長野の各県に住む人が対象。

引用元:https://merkmal-biz.jp/post/7229