MENU

千葉県松戸市 予算案から“高齢者へのICカード配布”取り下げ コロナ禍で反発の声

千葉県松戸市は2月24日、3月補正予算案に盛り込んでいた高齢者に5000円分の交通系ICカードを配布する事業を取り下げました。

「高齢者社会参加応援事業」は、高齢者の心身の虚弱「フレイル」を防ぐため、5000円分使える交通系ICカードを65歳以上の市民に配る取り組みで、3月補正予算案に8億円の事業費を計上していました。

ただ、新型コロナの収束が見えない状況で、高齢者の外出を促すこの取り組みには市議会を中心に反発の声が上がり、市は24日「改めて制度設計の精査が必要と判断した」として、3月補正予算案から事業を取り下げると発表しました。

引用元:https://nordot.app/869753908609843200?c=428427385053398113

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次