インターネット記事

【福井県】道に座り込む女性を助けた夫婦の機転 警察の不明者情報を確認し保護へ

福井県警鯖江署は2月22日、行方不明になった福井県鯖江市の高齢者を同県越前市内で見つけ、迅速な保護につなげたとして越前市の上田亨さん(37)、幸恵さん(38)夫妻に感謝状を贈った。

同署によると、上田さん夫妻は1月27日午後6時半ごろ、越前市文化センター付近の歩道で高齢女性が転んで座り込むのを見かけた。けがを心配し車を降りて声を掛けたが受け答えがあいまいで、何も持っていないことも不思議に思った。

機転を利かせ、県警のメール配信「リュウピーネット」を確認。鯖江署が家族の届け出を受け、探している80代女性と容姿などが似ていることに気付き、同署に連絡した。女性は近くの越前署に保護された。

鯖江署で行われた贈呈式で、松浦則幸署長は「発見が遅れれば命の危険があった。リュウピーネットを活用してくださったのも非常にうれしい」と感謝。上田さん夫妻は「女性が無事帰宅できてよかった」と話した。

引用元:https://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/1498771