インターネット記事

【ふくやま美術館】特別展「サザエさんとともに50年」懐かしの昭和アニメの世界

新型コロナ感染拡大で開催が延期されていた展覧会『サザエさんとともに50年』が22日から、福山市の美術館で始まりました。

日本が誇るスーパーロボット「鉄人28号」に。空前のブームを呼んだ傑作SFヒーロー「エイトマン」。そして、シニア世代なら誰もが知っている「のらくろ」!

ふくやま美術館で始まった特別展、「アニメサザエさんとともに50年エイケン制作アニメーションの世界」。

アニメスタジオの「エイケンは」1969年に設立され、数々の人気アニメを世に送り出してきました。中でもアニメ「サザエさん」はおよそ50年の長きに渡り手掛けていて今も、日曜日夕方のテレビの顔として愛され続けています。

特別展ではサザエさんを中心に、原画、セル画などの貴重な資料およそ400点が展示されています。

(訪れた人は)
「見てよかったと思います、懐かしいなと思って」
「サザエさんが背景にこだわっているところがとても印象深かったです」
「私が大人になってもずっと続いていくようなアニメであってほしいなと思います」

この特別展は、来月27日まで開かれています。

引用元:https://www.tss-tv.co.jp/tssnews/000013524.html