インターネット記事

【岡山】「正念場ッス!」公共交通利用を訴えるラッピングバス完成

コロナ禍で落ち込んだ利用者を回復させようと、岡山市の両備ホールディングスが、バスなどの公共交通の利用を訴えるラッピングバスを完成させ、2月21日、報道関係者に公開しました。

綱渡り状態のバスと、「正念場ッス!」の文字が目を引く、黄色い大型バス。 両備ホールディングスが公共交通利用を訴えるため、2月22日から運行が始まるラッピングバスです。

両備HDでは、コロナ禍で利用者が2割減ったため、公共交通の利用を促すキャンペーンを行っていて、このバスはそのメッセージを広く周知するために作られました。

両備バス カンパニー管理本部 石川亮シニアマネージャーは「乗って残そう公共交通ということで、1人でも多くの方に利用してもらえたら。」と話します。

このバスには乗車はできませんが、今後、乗車率の低い路線を中心に巡回するほか、イベントでの活用も検討しているということです。

引用元:https://www.ohk.co.jp/data/26-20220221-00000007/pages/