インターネット記事

「ワリエワにドーピング疑惑」五輪専門メディア メダル授与式延期で

北京冬季オリンピックでフィギュアスケート団体のメダル授与式が「法的問題」のために急きょ延期されたことについて、五輪専門メディア「インサイド・ザ・ゲームズ」は9日、金メダルを獲得したロシア・オリンピック委員会(ROC)のカミラ・ワリエワ(15)にドーピング(禁止薬物使用)の疑いがあることが原因と報じた。

ロイター通信は、ロシアメディアによる情報としてワリエワの検体から禁止薬物で心筋梗塞(こうそく)などの治療に使われる「トリメタジジン」が検出されたと報じた。

今季シニアデビューした15歳のワリエワは、個人種目で金メダル最有力候補の女子選手。7日まで実施された団体では女子のショートプログラム(SP)とフリーでともに1位となり、ROCの2大会ぶりの金メダル獲得に貢献した。2位は米国で、日本は初の表彰台となる3位だった。

世界反ドーピング機関(WADA)の規則によると、ドーピング違反者が18歳未満の場合、一般的な開示義務は求められず、ワリエワは、この規則に該当するとみられる。

国際オリンピック委員会(IOC)のアダムス広報部長は9日、定例記者会見で「国際スケート連盟(ISU)と協議すべき法的な問題が浮上した」と説明。具体的な内容は明らかにしなかった。

引用元:https://mainichi.jp/articles/20220210/k00/00m/050/003000c