MENU

【自宅療養注意点】高齢者は声をかけ確認 水や食品たっぷり備蓄 #高齢者 #コロナ

新型コロナウイルスに感染した都内の自宅療養者は今月に8万人を超え、その後も横ばいで推移する。 感染急拡大を受け、都は1月末から重症化リスクの低い感染者は健康観察を自身で行う仕組みに切り替えた。自宅療養の体験者や医師、防災の専門家から自宅療養における注意点や準備のポイントを聞いた。

北区の舞台俳優、宮崎恵治さん(58)は1月23日の舞台稽古中、のどに痛みを感じてPCR検査を受けたところ、変異株「オミクロン株」に感染していることが判明。2人暮らしの母親(87)への感染を恐れ、自宅の居住スペースを1階と2階で分けた。

宮崎さんは主に2階で過ごし、1階のトイレは使うたびに消毒。母親への感染が心配で外出させていいのか保健所に相談したかったが、電話がつながらず、PCR検査を受けさせることができなかった。

防災用にカップ麺やレトルトのおかゆを備蓄していたが、5日間で底をつき、やむなく母親に買い出しを頼んだ。発熱と頭痛は3日で収まったが、鼻水やたんは長引き、自宅療養は今月6日まで続いた。宮崎さんは「日頃から備えをしておく大切さを痛感した」と話した。

都内の自宅療養者のうち、症状や基礎疾患の病状が重い感染者や妊婦は原則として保健所が健康観察を担う。一方、50歳未満で基礎疾患のない無症状・軽症の人は自ら健康観察を行い、体調に変化があった時は、「自宅療養サポートセンター(通称・うちさぽ東京)」に自ら電話などで連絡する。

50歳以上や重症化リスクがある人には、「都フォローアップセンター」が電話などで健康観察を行う。 自宅療養者を往診する桜新町アーバンクリニック(世田谷区)の遠矢純一郎院長は「過度に恐れる必要はないが、解熱剤などによるセルフケアが大切」と話す。

家庭内感染を防ぐには自宅療養者と居住スペースを分けなければならないが、高齢者は自ら症状を訴えられないまま急変することもあるため、1日に2、3回は声をかけて確認する必要があるという。防災アドバイザーの高荷智也さん(39)は、段ボール箱を数箱用意し、賞味期限ごとに小分けにする方法を勧める。箱には水のほか、賞味期限が1年以上のレトルト食品やインスタント食品など食べ慣れた食品を入れる。

高荷さんは「いざという時は突然やってくる。安心できるように、時間や分量に余裕を持って準備してほしい」と話す。

引用元:https://www.yomiuri.co.jp/local/tokyo23/news/20220208-OYTNT50195/

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次