MENU

1年以上も閉店セール?貼り紙をよく見たら…和雑貨屋のアイデアに反響「斬新すぎる」

「おちょぼさん」の愛称で親しまれている千代保稲荷神社。その参道にある和雑貨屋に関するツイートがちょっとした話題になっている。

「閉店」の貼り紙に、小さな文字で「したくない」と書かれていた、というのだ。話題となったのは、和雑貨やカバン・傘などを取り扱う「和楽」というお店だ。店頭を通りがかったツイッターユーザー・よごれんさんは2022年2月1日、店の外観を撮影し、ツイートした。

ポップを拡大してみると、「閉店」の文字の下に小さく「は、したくない」と付け足されていた。取材に対し、よごれんさんは、千代保稲荷神社で毎月末に行われるお祭り「月並祭」に訪れた際に撮影したと説明する。

1年ほど前からこの和雑貨屋のセールを気にかけており、「いつになったら閉店するんだろう?」という疑問を持っていた。閉店セールでないことに気が付き、驚きをツイッターで共有した。

取材に応じた和楽の店長・岡野寿一さんは、「閉店は、したくないセール」は1年ほど前から行っているとして、実施した経緯などを説明する。新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、和楽の客足は減っていた。

閉店も検討はしたが、19年続けてきた店を閉じるのは気が引けたのだという。このままでは本当に閉店せざるを得ない状況となってしまう。そこで何とかして集客できないか、インパクトのあることをしようとして思いついたのが「閉店は、したくないセール」だった。

既存の「閉店セール」のポップを用意し、「は、したくない」と書き加えた。このほか店内の様々な個所に「閉店しないためのセール」などの自作ポップを掲示した。商品はほとんど2割以上を割り引いた特別価格で販売している。

客の反応は様々だった。 客はシニア世代が中心だが、時折若い人が立ち寄って、ポップを撮影していく様子が見られたという。撮影された店頭の様子がツイッターで拡散され、リプライには「こういう手の混んだ告知 私は好きです笑」「いいねえ」といった好意的な声が寄せられている。

こうした反響を受けて岡野さんは、「インパクトを狙っていたので、こうした反応があって良かった」と述べた。

引用元:https://www.j-cast.com/2022/02/07430255.html

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次