MENU

高木ブー、10代の頃の未公開写真で振り返る「ウクレレに没頭した高校時代」

高校時代の制服に身を包んだ高木ブーさんのダンディーな写真が、高木家で発掘された。 インスタグラムにアップしたところ、「好青年で素敵」「デートしてほしい」と大反響。 あちこちのメディアでニュース記事になり、ネットで大きな話題を巻き起こした。

「自分で見ると恥ずかしいなあ」とテレる高木さんが、高校時代の思い出を語る。植木等さんは高校の、谷啓さんは大学の先輩。ちょっと必要があって昔の写真を探していたら、自分でも忘れてた高校時代の写真が何枚か出てきた。

その中から、学校の前で撮った1枚を僕のインスタにアップしたら、いろんなメディアで記事になっちゃった。こんな僕の写真でもたくさんの人に楽しんでもらえたみたいだから、同じときに見つけた高校時代の別の写真も、せっかくなのでお披露目します。ドリフターズの高木ブーは、10代の頃はこんな感じだったのかと思いながら見てください。

 

持っているウクレレは、15歳の誕生日に三男の昇司兄ちゃんがプレゼントしてくれたもの。僕は3月生まれだから、中学を卒業する直前だった。昇司兄ちゃんはその頃ハワイアンに熱中してて、ちょっとした気まぐれでウクレレを買ってくれた。でも、昇司兄ちゃんの気まぐれのおかげで一生の相棒と出合えたんだから、人生って不思議だよね。

高校は柏から常磐線に乗って、文京区白山にあった京北高校に通ってた。ちなみに植木等さんも、先輩で重なってはいないけど同じ学校なんだよね。そのあと通った中央大学では、谷啓さんが同じ音楽研究会の先輩で、当時から有名なトロンボーン奏者だった。

おふたりには渡辺プロダクションでもお世話になったけど、このご縁も人生の不思議だね。 高校一年生の夏に「ウクレレを持ってるから」っていう理由で誘われて、当時住んでた千葉の柏の町の夏祭りで、ハワイアンバンドの一員としてステージで演奏することになった。

この写真は、夏祭りからしばらくたった頃に巣鴨の小学校の同窓会があって、そのときに撮ったもの。 そのうちのひとりとは大人に付き合いがあって、彼の娘さんの結婚式のときに、ふたりで久しぶりにウクレレを演奏したんだよね。

首からかけてるレイは紙製で、それっぽくなるようにみんなで工夫しながら作った。写真を見た娘に「この時代に、ハワイではレイをかけるというのがわかってたのはすごい!」と驚かれた。

初恋の人にいいところを見せたくて それからの高校生活は、ウクレレ中心に回ってた。仲間を集めてバンドを組んで、演奏会やダンスパーティをやったりしてたな。僕にとっては初恋だね。結局は僕のバンド活動が忙しくなったこともあって、何となく疎遠になっちゃたんだけどね。

最初の頃は「自分がこの学校で一番ウクレレがうまい」なんて、すっかり天狗になってたんだけど、そんなときに僕よりはるかにウクレレがうまい男が転校してきた。時には彼の家に泊まり込んで、レコードを聴きながら「ここはどうやって弾いてるのかな」なんてふたりでやってた。僕のミュージシャンとしての土台みたいなものは、あの頃に作られたのかもしれない。

中学から高校にかけて、意外に思われそうだけど、ボクシングを習ってた。当時の常磐線は硬派というか、荒っぽい高校生もいっぱい乗ってたんだよね。「ケンカとか吹っかけられたらやだなあ」と思ってて、学校の先輩に勧められて水道橋にあったボクシングジムに通うことにした。

フライ級だったから、体重は50キロ前後だったのかな。ボクシングを始めたあとでウクレレに出合って、そっちが面白くなっちゃった。もともと痛いことは苦手だったし、指をケガしたらウクレレが弾けなくなると思って、ボクシングはやめちゃった。何十年かたって、ドリフのコントでボクシングをやることがあったんだけど、長さん(いかりや長介)に「ブーたん、構えが決まってるな」と珍しくホメられた。

人生、何がどう役に立つかわからない。コントのときも、あっさりノックダウンされる役だったけどね。

引用元:https://www.news-postseven.com/kaigo/104559

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次