インターネット記事

大手コンビニも参入! 宅配専門スーパー「ダークストア」が急拡大




コロナ禍の影響でネット通販が広がる中、店舗販売しない宅配専門のスーパー「ダークストア」が支持層を増やしている。

欧米や中国ではすでに数年前から閉鎖した実店舗や、閉鎖したショッピングセンターを利用したダークストアが急成長してきている。国内でも客からネットで注文を受け配達するネットスーパーは、イトーヨーカ堂など数社で運営されているが商品が届くまで数時間を要するのが普通だ。

ダークストアの最大の特徴はスピード配達。コロナ禍のなかで国内に登場したダークストアは、大手コンビニも参入しスピード配達の競争が激化している。

昨年8月25日、国内初のダークストア1号店を目黒区の学芸大学駅前に開業したのが「OniGO」(本社・東京都渋谷区)。同社の特徴は、独自開発した専用アプリで注文を受け、10分で顧客に商品を届けるサービス。

梅下直也社長がダークストアの起業についてこう語る「店舗内での注文商品のピックアップシステム、在庫管理システム、配達員の携帯を使った教育システム、そしてお客さんが使うソフトの開発です。配送は小回りの利く電動バイクを使い、時間内で届けるエリアは店舗から2キロ圏内を目安にしています」

配送料金は1回300円。 年中無休で営業時間は10時から22時。現在、自由が丘店、駒沢大学店と都内3店舗の営業だが、今後1年間に100店舗の開業を目指すという。

昨年12月にはフードデリバリー会社「Wolt」も札幌市内に「Wolt Market」を2店舗開業している。さらに30分の配達をうたいセブン-イレブン、ローソンもダークストアに参戦。 セブン-イレブンは25年度中の全国展開を目指す。

ダークストアの競争加速に東レ経営研究所の永井知美チーフアナリストがこういう 「高齢化社会が進み、都内でも共同生活の維持が限界に近い限界集落もできてきています。コロナ禍や夫婦共働きなど店舗に行くことが難しい人が増えてくるなか、高齢者向けのアプリ開発など課題が克服されれば市場拡大に大いに期待できる」

OniGOは3月をめどに高齢者向けアプリを発表する。

引用元:https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/money/299834/3

注目ニュース