インターネット記事

【名古屋・天白区】高齢者狙った特殊詐欺の受け子か…銀行協会職員名乗る男逮捕

百貨店の従業員や銀行協会の職員になりすましてウソの電話をかけ、80代の男性からキャッシュカードを盗んだとして、20代の無職の男が逮捕されました。

逮捕されたのは、自称・岡山県に住む無職・辻本佳嗣容疑者(26)です。警察によりますと、辻本容疑者は22日、銀行協会の職員を名乗り、名古屋市天白区の83歳の男性の自宅を訪問し、封筒に入れられたキャッシュカードやクレジットカード合わせて8枚をすり替えて盗んだ疑いが持たれています。

取り調べに対し容疑を認めているということです。男性の自宅には、この前に百貨店の従業員を名乗る別の男から「クレジットカードで25万円の腕時計が不正に購入されようとしている。カードを止める必要がある」などとウソの電話がかかっていました。

引用元: