インターネット記事

【富山市】施設利用の高齢者がファッションショー




新型コロナウイルスの感染拡大以降、途絶えていた施設利用のお年寄りとの交流が復活です。富山市の老人福祉施設を利用するお年寄りたちが出演するファッションショーが20日に開かれました。

着物やドレス、タキシードなど思い思いの衣装をまとった高齢者の皆さん。富山市で開かれたファッションショーは老人福祉施設「ささづ苑」の職員が企画しました。

施設の入所者や利用者合わせて46人が、家族らの前で衣装を披露しました。手を振りながら入場したり、家族と記念写真を撮影したり。100歳になる女性も白いドレスで会場を沸かせます。

新型コロナの感染拡大以降、高齢者施設では感染防止のため面会が長期間にわたって停止になったり、イベントがすべてなくなったりと交流や楽しみが途絶えていました。20日のショーは、感染が落ち着いているのに合わせてお年寄りを元気づけようと開かれました。

参加した女性は「大変楽しかったです。こういう着物を着せていただいて、初めて自分のきれいさにびっくりしております」と話します。

準備を担当した職員・横道優希さんは「普段の日常生活とは全然違う感じで(衣装を着た姿が)こんなにきれいだったのかと。面会とかだと時間が限られるので、皆さん家族とたくさん触れ合って喜ばれていたのでとてもうれしいです」と語る。

引用元:https://www.knb.ne.jp/nnn/news1013gcpkokt1pk1xx85.html

注目ニュース