インターネット記事

【大阪狭山市】悲惨な事故二度とないように…高齢者ドライバーに免許自主返納を呼びかけ

11月、大阪狭山市で高齢者が運転する車がスーパーに突っ込み、3人が死傷しました。20日、事故が起きた現場では高齢者の免許自主返納を啓発する活動が行われました。

「免許証はもう返した。返すのも必要なことだが不便だとよく感じる」
「人に迷惑かけるので、それを考えると時期がきたら早めに考える方がいいかなと思う。」

啓発キャンペーンではマイカーを手放したあとの生活を疑似体験する「運転免許返納体験」を促しています。

「マイカーで生活するクセ」がついているので、歩いて公共交通を活用しながら生き生きとした社会づくりを。悲惨な事故が二度ととないように全国に発信していきたい。」と大阪狭山市の担当者は語る。1月行われるセミナーでは、講習会や反射神経のテストを実施し、自主返納を呼び掛けます。

引用元:https://www.tv-osaka.co.jp/news/articles/yasashii-36677/