インターネット記事

【福島県】空き家解消へ福島・塙町と愛知の仲介サービス協定 見積もりや業者紹介




塙町は16日、空き家解消に向け、解体工事の見積もりや所有者と工事会社の仲介サービスなどを手掛けるクラッソーネ(愛知県)と連携協定を結んだ。

協定により、同社が空き家の所有者に対し、解体費用の見積もりの相場を示したり、解体業者を紹介したりする。町も町内外にいる所有者に納税通知書とともに解体工事を促すパンフレットを送付、周知を図る。

町が2015(平成27)年度に実施した空き家調査では、322軒の空き家が確認され、町内の空き家率は8.6%。総務省の調べによると、18年の全国の平均値は13.6%で、町は全国平均よりは低いが、住民からの要望や今後の高齢者世帯の増加を踏まえ、解体を促進する。

同社が自治体と連携協定を結ぶのは全国18例目で、東北では塙町が初めて。締結式が町内で行われ、宮田秀利町長と川口哲平社長が協定書を交わした。宮田町長は「専門性の高い知識や経験を積極的に取り入れ、空き家の解体を推進する」とあいさつした。

引用元:https://www.minyu-net.com/news/news/FM20211217-673856.php

注目ニュース