インターネット記事

【医療費の還付金】札幌市職員を名のる男からの還付金詐欺相次ぐ 60代男性100万円被害




札幌・南警察署は15日、札幌市中央区に住む60代の男性が約100万円をだまし取られる還付金詐欺事件が発生したと発表しました。

15日午後4時10分ごろ、札幌市中央区役所の保険金給付課の職員を名のる男から男性に「医療費の還付金が2万3千円ほどあります。近くのスーパーに設置のATMを操作すれば還付金が受け取れます。午後4時半までにATMに行って、着いたら電話してください」などと電話がありました。

男の話を信じた男性は、電話で男の指示に従って最寄りのスーパーのATMを操作し、現金約100万円を振り込んでだまし取られました。その後、男性は不審に思って通帳を記帳したところ、だまし取られたことに気づきました。南警察署管内では15日、同様の予兆電話がほかに1件確認されています。

また、同じ15日には札幌市北区に住む60代の夫婦宅に、北区役所の健康保険課の職員を名のる男らから「累積医療費が戻ります。還付金が戻るので近くの銀行はどこですか」などと電話がありました。

不審に思った夫婦が北区役所に電話したところ、健康保険課がないことがわかり、被害はありませんでした。

警察は、「ATMを操作して還付金が受け取れるというのは詐欺で携帯電話で通話しながらATMを操作している高齢者を見かけたら声かけしてほしい」と注意を呼びかけています。

引用元:https://www.stv.jp/news/stvnews/u3f86t00000cqlup.html

注目ニュース