インターネット記事

【福岡】ストップ!ATMでの携帯電話~“ニセ電話詐欺”防ぐ啓発活動




12月15日は、今年最後の年金支給日です。銀行を利用する高齢者が増えることから、ニセ電話詐欺の被害を防ぐため啓発活動が行われました。

福岡市東区の銀行では警察官が見守る中、携帯電話で話しながらATMを操作している人に、銀行員が声をかける訓練が行われました。

これは、銀行利用者が増える年金支給日に、ニセ電話詐欺の被害を減らそうという取り組みです。警察によりますと、自治体の職員などと名乗って「介護保険料の払い戻しがある」と電話をかけATMで振り込ませる、いわゆる還付金詐欺の被害が急増しています。

福岡県内のニセ電話詐欺の被害額は、今年10月末までに4億3000万円余りと、去年の同じ時期から1億円以上増えているということです。

引用元:https://rkb.jp/article/55972/

注目ニュース