インターネット記事

「この電話は詐欺」AIが解析 家族等に自動で連絡…通話内容をキーワード等で判定

NTTは、録音した電話の内容を詐欺電話かどうか、AIが解析して判定するシステムを開発した。

録音した通話をAIが解析 詐欺犯が高齢者などの自宅の固定電話にかけてくると、通話内容を録音してAIがテキスト化。そして通話で使われたキーワードやその組み合わせなどによって、詐欺電話かどうかをAIが解析する。

AIが詐欺電話と判定した場合、あらかじめ登録しておいた家族や知り合いのところに自動的にメールや電話が送られる。家族や知人から警察や本人に連絡がいくことで、特殊詐欺を未然防ぐことができるという仕組みだ。

このサービスを利用できるのはNTTの加入電話回線を利用している人で、ナンバーディスプレイがついている人は無料でアダプターが貸し出されるが、設置費用が8800円かかる。

名古屋市内の特殊詐欺は2021年10月末までで393件と、前年同時期比で約2倍に増えている。 千種警察署の生活安全課は「今回のAIのようなシステムを取り入れることも大事。もし詐欺電話にあったら、家族や知人、警察など第三者にまず確認してほしい」と話している。

引用元:https://www.fnn.jp/articles/-/280764