インターネット記事

【三重・尾鷲市】中学生が高齢者の疑似体験

三重県尾鷲市の中学校で、生徒らが高齢者の気持ちを理解しようと疑似体験を行いました。

福祉体験学習が行われたのは三重県尾鷲市の輪内中学校です。生徒達は重いベストを着て足に重りを付けたり、目が見にくくなるゴーグルを付け不自由さを体験。また手袋を付けお金を数えようとすると…。

「2千円お願いしたら3万円もらっちゃった」「お札が何枚か見にくいです」(参加した生徒) 普段は感じない大変さに悪戦苦闘していました。

引用元:https://www.ctv.co.jp/news/articles/htuvnsk2jtk9gyu5.html