インターネット記事

HIS子会社 架空宿泊1万8千泊分以上でGoTo申請か

大手旅行会社「HIS」の子会社2社がGoToトラベルを不正に利用した疑いが浮上しましたが、2つの子会社が関係した少なくとも1万8000泊分以上の実態のない宿泊でGoTo申請が行われた疑いがあることが新たにわかりました。

HISはきのう、GoToトラベルについて、子会社の「ジャパンホリデートラベル」と「ミキ・ツーリスト」に「宿泊の実態のない、受給対象とならない取引があった」と発表しました。

TBSの調査報道取材で、「ジャパンホリデートラベル」が去年10月から12月にかけ、東京都内のホテルに200人分の名前を使って、それぞれ69泊、あわせて1万3800泊の契約をしていたことがわかりました。

GoToトラベルは宿泊料金の最大半額が補助される制度ですが、1泊の料金は補助の上限額が受け取れる4万円で、この契約だけで最大2億7000万円あまりが国から補助され、税金で賄われたことになります。

関係者によりますと、200人分の名前は都内の会社が集めたものでした。名前を集めた会社の関係者 「ひたすら、名前だけ貸してくれと(会社幹部が)言っていた。泊まる必要はないが、泊まりたかったら泊まっていいと言っていた」。

中には勝手に名前を使われた男性もいて、GoToトラベル事務局から「都内のホテルに69泊したか」との問い合わせの手紙で、初めて自分の名前が使われていたことを知ったといいます。

ひとつの子会社の「ミキ・ツーリスト」は、内部資料によると、4800泊分について、宿泊の実態がないままGoToトラベルが申請された疑いがあり、幹部が社員にメールで釈明していました。

長期連泊したように見せかけるための名義集めはほかにも行われていて、不正の規模は広がるとみられます。HISは、この問題を受け、今期の決算発表を延期すると発表しました。

GoToトラベル事業を所管する斉藤国交大臣は、けさの会見で、事実関係については観光庁が委託している事務局が調査していることを明らかにしたうえで、今後、その調査結果を踏まえ、国交省としても「しかるべく対応する」と述べました。

引用元:https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4424007.html